上流からの水量増加の影響で4日午後2時、広西チワン族自治区梧州市の水文観測所では警戒水位である18.5メートルを超える23.09メートルの水位を記録し、1時間あたり2センチ上昇し、同市の河東区は洪水によって包囲されてしまった。

写真拡大

上流からの水量増加の影響で4日午後2時、広西チワン族自治区梧州市の水文観測所では警戒水位である18.5メートルを超える23.09メートルの水位を記録し、1時間あたり2センチ上昇し、同市の河東区は洪水によって包囲されてしまった。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

同市には堤防が建設されており、河西堤防の計画高水位は26.2メートル、河東堤防の計画高水位は25メートルとなっている。洪水は現在すでに警戒水位を4.55メートル超えているものの、洪水が同市を通過する中でも市民の日常に変化はなく、同市の「おばさん」らは河岸の広場でいつものように広場ダンスを楽しんでいた。(提供/人民網日本語版・編集TG)