スズキSX4 S-CROSS(エスクロス)新車情報・購入ガイド
まさかの大胆大変身! しかし日本仕様は、物足りなさが際立つ【ニュース・トピックス:スズキ】

写真拡大

<h2>スズキSX4 Sクロス新車情報の目次</h2>



<お勧め記事>

<font size="5"></font>

<h2 id="01">■ハンガリーから輸入されるコンパクトSUVがSX4 Sクロス</h2>

 スズキはコンパクトSUVであるSX4 Sクロス(S-CROSS)一部改良。2017年7月6日から発売を開始する。

 スズキ SX4 Sクロス(S-CROSS)は、2015年に登場したコンパクトSUVだ。SX4 Sクロスは、ハンガリーのマジャールスズキ社で2013年8月より生産が開始されている。欧州や中南米、大洋州、アフリカ等へ輸出されている世界戦略車だ。今回の一部改良モデルも、ハンガリーのマジャールスズキ社で生産し日本へ輸入される。

 改良前のSX4 Sクロスのボディサイズは、全長4,300×全幅1,765×全高1,575mm。マツダCX-3やホンダ ヴェゼルなどのクラスに属している。ただ、全高がやや微妙で全高が1,550mmわずかにオーバーしている。そのため、都市部に多い立体駐車場の全高制限はクリアしていない。

 搭載されたエンジンは、M16A型1.6Lだ。117PS&151Nmという出力を誇る。欧州工場で生産されているものの、国内マーケットに合うレギュラーガソリン仕様になっている点は高く評価できる。組み合わされるミッションは、変速比幅が大きい副変速機付きCVTのみの設定となっている。

 改良前のSX4 Sクロスの燃費は、2WD車が18.2km/L、4WD車は17.2km/Lだった。しかし、20.6/L(FF)を誇る1.5Lのヴェゼルの燃費とは大きく引き離されていた。その理由は、SX4 Sクロスには、なんとアイドリングストップ機能が装備されていないためだ。売価を優先したのか、環境重視の時代には相応しくない仕様だ。

<h2 id="02">■改良前とはまったく異なる迫力の顔になった理由とは?</h2>

 今回、スズキはSX4 Sクロスを一部改良と呼んでいるが、大幅な変更が加えられている。まず、デザイン。まったく違うクルマのようになった。ヘッドランプ、フロントバンパー、フロントグリル、フロントボンネットフードを大胆に変更。とくに、グリルとヘッドライトによる押し出し間の強さは、改良前のモデルとは全く別物といった印象だ。改良前のモデルは、プレーンなデザインですっきり感があったが、改良後はコッテリ系で強面系になった。  
 
 ここまで大胆にデザイン変更されたことには、意味がある。一般的に売れていると、大きく手を入れないのが普通だ。つまり、デザインが理由で売れていないという状況が予想できる。また、こうした押し出しの強い顔が欧州でも人気が高い。こうした理由により、大胆なフェイスチェンジを行ったのだろう。リヤまわりのデザインは、大きな変更はないがヘッドランプ同様に、リヤコンビランプにLEDを採用した。

 インテリアは、エアコンルーバーガーニッシュをサテンメッキ加飾に。インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を施した上質を向上させている。

<h2 id="03">■CVTから6速ATに大変更! その訳は?</h2>

 そして、スズキはSX4 Sクロスの大きな改良点はミッションにも及ぶ。改良前は副変速機付きのCVTだったが、なんと6ATへ変更された。ミッションそのものを変えるという改良は、かなり稀だ。これも、欧州などでニーズを反映したものとみられる。欧州マーケットは、CVTを嫌う傾向にあるからだ。

 このミッションに乗せ換えたことで、燃費はFF車が18.2/Lから16.2/Lへ大きくダウンしている。変速比幅は、CVTが4.006〜0.550で6ATが4.666〜0.685。これだけ変速比幅が狭くなれば、エンジン効率の良い回転域が使いにくくなったり、高速道路ではエンジンの回転を下げることができないなどがある。こうしたことが燃費ダウンの要因だろう。

 また、SX4 Sクロスは、最低地上高を20mm高く185mmとした。このことで、スズキの4WDシステムである「オールグリップ(ALLGRIP)」と合わせ、悪路での走破性をより高めている。オールグリップは、通常AUTOモードで走行し、路面の変化や状況に応じてSPORT/SNOW/LOCKモードを任意に選ぶことができる。

<h2 id="04">■スズキ SX4 Sクロスの選び方</h2>

 スズキSX4 Sクロスのグレード選びは簡単だ。グレードは1つしかないので、4WDか前輪駆動という選択になる。前輪駆動車の価格は2,062,800円。改良前に比べ2万円ほどのアップに収まっている。4WDとの価格差は、約22万円高になっている。降雪地域に住んでいる、ウインタースポーツを積極的にするという人以外は、前輪駆動車で十分だろう。

 装備面では、とくに予防安全装備が物足りない。軽自動車ですでに歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防装備を用意しているスズキなのに、SX4 Sクロスにはこうした装備が用意されていない。また、サイド&カーテンエアバッグも装備されていない。

 欧州の先進国向けの仕様には、サイド&カーテンエアバッグだけでなく、低速域の衝突軽減ブレーキであるレーダーブレーキサポートまで用意されている。また、エンジンラインアップも多く、1.0Lと1.4Lのブースタージェットや1.6Lディーゼルまで用意されている。

 こうなると、日本に導入されているSX4 Sクロスは、発展途上国向けといえる状態で、日本マーケットに合うものではない。今時、アイドリングストップさえもついていない、自動ブレーキもない、他社と差別化できない1.6Lエンジンでは、ヴェゼルやCX-3などのライバルと戦うことは難しい。ただ単に安いコンパクトSUVを求める顧客向けという目的で導入しているのであれば、スズキのブランドを落とすだけだろう。顧客が欲しいのは、安かろう悪かろうといクルマではなく、安くてよいクルマだ。

<h2 id="05">■スズキ SX4 Sクロスの価格</h2>

■スズキ SX4 Sクロス価格
・SX4 S-CROSS 2WD 2,062,800円/4WD 2,278,800円

この記事をCORISMで読む→