『パイレーツ・オブ・カリビアン』全作、dTV独占配信中

写真拡大

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日より公開となり、最初の週末2日間で興収10億円を突破する大ヒットスタートを切る中、映像配信サービス「dTV」で6月17日から7月28日まで見放題サービスで期間限定で独占配信中の『パイレーツ・オブ・カリビアン』全4作が、dTV史上No.1の視聴数を獲得し、視聴ランキングの上位を独占していることがわかった。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』全4作の場面写真

dTVの視聴ランキング(洋画ジャンル)では、『パイレーツ・オブ・カリビアン』全作が配信開始わずか2日目にして1位から4位を独占。中でも第1作目となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』は、dTVオリジナルドラマ『進撃の巨人/ATTACK ON TITAN』(2015年8月配信)が記録した歴代1位の視聴数を上回るなど、最新作の劇場公開が盛り上がりを見せる中、映像配信サービスでもその勢いを見せつける結果になっている。

【dTV洋画ジャンル視聴ランキング】
(2017/6/17〜2017/6/23)
■第1位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
■第2位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
■第3位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』
■第4位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
■第5位:『ジャングルブック』
■第6位:『ホワイトハウス・ダウン』
■第7位:『紀元前1万年』
■第8位:『ワイルド・スピード EURO MISSION』
■第9位:『キャプテン・フィリップス』
■第10位:『怪盗グルーの月泥棒』