『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

シリーズ最新作となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日より全国989スクリーンで公開となり、最初の週末2日間(7月1日、2日)で観客動員77万1516人、興収10億4827万1900円という爆発的な数字を記録。2位『忍びの国』を圧倒するロケットスタートで首位デビューをはたしたことがわかった。

[動画]映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』予告編

この数字は、大ヒット公開中の『美女と野獣』の初週末2日間の動員を越え、2017年洋画No.1というモンスター級の大ヒット! さらに第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、第2作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の動員も上回っている。

また、公開初日に実施した出口調査によると、鑑賞後の10代の満足度はほぼ100%。その他の世代も「満足」や「人に勧める」という声が非常に多く、今夏の映画興行を牽引していきそうな勢いだ。