これでいつでも串揚げ三昧!自宅で串揚げパーティーを楽しむ!

写真拡大 (全20枚)

たこ焼きに焼肉、鍋にお好み焼き……。どれもこれも友人や家族と楽しむホームパーティーの定番ですが、そのラインナップのひとつに “串揚げ” を加えてみてはいかがでしょうか? 自宅でやればコスパも抜群、さまざまなアレンジも楽しめます。でも、揚げ物って「よしやるぞ!」と意気込まないとできないし、この暑い時期はキッチンで揚げ物ってちょっと……、そう思う方も多いはず。そんなときに使いたいのが、お部屋で手軽に串揚げができるという「ほんわかふぇ 電気卓上串揚げ鍋」。さっそく試してみました!

こちらが「ほんわかふぇ 電気卓上串揚げ鍋」。パッと見は、少し深めの普通の電気鍋といった印象です。付属品もフタ、串掛けリング、電源コードのみとシンプル。

持ったときに感じたのが「思ったよりも小さくて軽い!」ということ。本体重量は約1kgなので、持ち運びもラクラクです。

▲取っ手を除けば、20cm四方のスペースに収まるコンパクトサイズです

コードはマグネットタイプになっています。長さは約1.4m。使用環境にもよると思いますが、テーブルの中央に置いて使うには、もう少し長いと使いやすいかな?といった印象でした。

■串揚げづくりスタート! まずは具材と衣を準備

それでは、さっそく串揚げづくりを開始。まずはお好みの具材をカットします。具材は定番の野菜やきのこ、うずらの卵、ウインナー、カニカマなどを用意しました。

串カツパーティーのいいところは、好きな具材を持ち寄れるところ。冷蔵庫で余っていた野菜なんかも活用できます。

串揚げ用の衣には、小麦粉、卵、牛乳を混ぜたものを使いました。パン粉はジップロックに入れて手で細かく砕くとGood。衣が軽やかになり、口当たりがよくなります。

具材と衣の準備ができたら、次は揚げる準備。鍋に油を注ぎ、温めていきます。

■“揚げどき”はランプで一目瞭然

メーカー推奨の最適油量は500ml。鍋の内側には、「油量最小目盛り」と「油量最大目盛り」が付いています。最大目盛りより油が多いと、油温が適温まで上がらずうまく揚がらない可能性が、最小目盛り未満では煙が発生する可能性があるので注意しましょう。

油を入れたらコンセントをつないで通電。プラグをつなぐとランプが赤く点灯します。

油の温度は「油温調整レバー」をスライドさせて調節。温度目安は、弱で約140度、中で約160度、強で約180度。油の温度が設定温度になると、自動でランプが消えます。コンロでは面倒な油温調整も、これなら簡単。使用する油によっても前後しますが、ランプが消えるまでは、レバー強で約8分が目安です。油が温まったようなので、衣を垂らして油温を確認してみました。

しゅわっと、揚げ物ならではの音が…。この段階で、すでにテンションが上がります。ちなみに、衣による油温の目安はこちら。

・150度以下……衣が下まで沈んですぐには浮き上がらない
・150〜170度……衣が一旦下まで沈んで浮き上がる
・170〜180度……衣が中間まで沈んでから浮き上がる
・200度以上……衣は沈まず、油の表面付近ですぐ浮き上がる

丁度いい油温になったら、いよいよ本番。好きな具材を串にさし、衣を付けて油の中へ!

じゅわ〜と、軽やかな音色と揚げ物の良い香りがします。気になる油ハネも、ほとんどナシ。ただし、水分の多い具材はハネやすいので、水切りをお忘れなく。揚げている最中は “串掛けリング”に串を立てかけることができ、具材が倒れるのを防いでくれます。

▲鍋が小さいので、具材が大きすぎると場所を取ります…

加熱していくと、だんだん具材が浮かんできました。完成までのワクワク感。揚がるのを待ちながら、次は何を揚げようかな〜なんて選ぶのも楽しいですね。具材投入から4、5分ほど待っていると……

▲左から、ミニトマト、エリンギ、レンコン、しいたけ

完成! 意外とすぐに揚がりました。揚げたてはサックサクでアッツアツ! ソースや塩、おろしポン酢、禁断のマヨネーズなど、お好みの調味料を付けていただきます。一口サイズで食べやすく、具材やソースのバリエーションも豊富なので、最後まで飽きずに楽しめそうです。

キッチンで揚げてから食卓に持っていくと、だんだん冷めていってしまいますが、卓上串揚げ鍋なら常にできたてなのも◎! たくさん食べる方も小食な方も、自分のペースで揚げられるので、好きなものを好きなだけ、アツアツのうちに食べられます。

▲時々無性に食べたくなる揚げ物。お酒との相性も抜群

こちらはアスパラ+ソース。アスパラは串に刺さずに、そのまま衣を付けて揚げてみました。火が通りにくい具材は小さめにカットするか、あらかじめ電子レンジなどで軽く火を通しておくと、揚げ時間の短縮になるのでおすすめです。

トマトとエリンギ、ウインナーを1本に。好きなものを組み合わせられるのも、おうち串揚げの醍醐味のひとつです。また、衣を変えて天ぷらにしたり、衣を付けたりせずに素揚げにすることも。同じ具材でも、天ぷらや素揚げではまた違ったおいしさになるので、ちょっとお得な気分になりますね。

もし油切りのバットが無い場合は、串掛けリングに揚がった具材を置くこともできます。これは便利。

ここで、ちょっと変わりダネも試してみたい…! ということで、こんなものも揚げてみました。お店のメニューに無いような具材を試せるのは、自宅ならでは。家族や友人と一緒に「これ試してみよう」「これ美味しい」とその場で盛り上がりそうです!子どもがいるご家庭なら、お子さんもきっと喜びますね。

揚げ餃子…とはまた違った、餃子の串揚げ。餃子の皮の上にサクサク衣がまとわれ、不思議な感じです。中身は肉ダネなので美味しくないわけがありません。

こちらはバナナ。外はサクサク、中はとろっとろに仕上がって、意外とイケます。湯せんで溶かしたチョコレートを付けて、チョコフォンデュ風にするのもおすすめです。

最後にマシュマロを素揚げ&串揚げにしてみたのですが、油の中で溶けてしまい失敗……。やっぱりマシュマロは焼く方が良いみたいです。

串揚げを存分に楽しんだら後片付け。使用済みの油は市販の油凝固剤などを使って捨てるか、オイルポットに入れて保管します。鍋本体は丸洗いができないのですが、内側はシリコンフッ素樹脂加工がされているので、水に濡らした布巾などを使って汚れを拭き取ればOK。

▲内鍋が外せないのが少し不便。洗うときは外側の機械部分に水が入らないよう、気をつけなければいけません

調理するのが億劫になりがちな揚げ物も、気軽に楽しむことができました。使い勝手もよく、串揚げ・天ぷら・素揚げと調理法もさまざま、具材やソースを工夫できるので、楽しさも広がります。バーベキュー感覚で楽しめる卓上串揚げ鍋。ぜひお試しください!

 

(取材・文/浅野 智恵美)


あさのちえみ/ライター

ウェブ制作会社にて、ディレクター及びライターを経験後、フリーランスに。コンテンツ企画を得意としています。趣味はフェス・ライブ参戦とヘアカラー。知らない道を歩くのが大好きです。