内山信二

写真拡大

4日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの内山信二が、元プロ野球選手でタレント・板東英二の旅番組でのエピソードを語った。

番組では、タレントの素顔が見えてしまう「恐怖の旅番組」として「東野・岡村の旅猿」(日本テレビ系)に関する、夕刊フジの記事を取り上げた。その中で、板東が「恐らく日本のテレビ局では、僕が一番、初めてちゃいますか?」と、かつて自身が旅番組に出演していたことに触れた。

内山も「(板東が旅番組をしていたのは)かなり早かった」とし、そのころはスタジオではなく街でロケをする番組がなかったと証言。さらに内山は、板東の旅番組に対して「スタッフにとっては恐怖の番組だった」と暴露したのだ。

理由は、午前中だけで8軒も店を回るハードスケジュールなうえに、板東が店員の素のリアクションを撮りたいと要望していたため、店側に何の番組で誰が来るかも一切伝えていなかったからだという。

内山は「全員が恐怖。スタッフ、マネージャー、共演者全員、恐怖のスケジュールですよ」と強調して、笑いを誘っていた。

【関連記事】
島田紳助さんの現在の姿を板東英二が語る 蝶野正洋より「すごい身体」
板東英二 新幹線で泣く子どもの親に不満「デッキぐらい行ったらいい」
蛭子能収が旅番組でまさかの発言「旅番組は効率が悪くて好きじゃない」