ベルリンに到着した文大統領夫妻=5日、ベルリン(聯合ニュース)

写真拡大

【ベルリン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日午前(日本時間同日午後)、ドイツの首都ベルリンに到着した。同国のメルケル首相の招きによる公式訪問で、2日間ベルリンに滞在する。

 午後にシュタインマイヤー大統領、メルケル首相とそれぞれ会談を行い、両国の友好関係発展や北朝鮮核問題、朝鮮半島の平和政策、自由貿易体制への支持、気候変動への対応など、国際的な課題の解決のための協力策を幅広く議論する予定だ。
 6日午前には中国の習近平国家主席と初めての首脳会談を行い、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応や、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題などについて意見を交換する。
 また同日午後には独ケルバー財団の要請を受け、朝鮮半島の平和構築と南北関係、北朝鮮との統一などをテーマに演説を行う。南北関係の改善や朝鮮半島の平和構築に向けた構想を語るとみられていたが、直前の北朝鮮による弾道ミサイル発射により、「平和」の強調は当初の計画よりトーンが弱まる見通しだ。
 その後、トランプ米大統領の主催で開かれる韓米日首脳による夕食会に出席する。
 文大統領は7日から2日間、ハンブルクで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、各国の首脳と「互いに連携した世界の構築」というテーマの下、持続可能でバランスの取れた成長を追求するG20の政策への協調策を議論する。
yugiri@yna.co.kr