リン・ズーウェイ

写真拡大 (全2枚)

(台北 5日 中央社)米大リーグ、レッドソックスのリン・ズーウェイ(林子偉)内野手は4日、敵地のレンジャーズ戦に出場し、ダルビッシュ有投手からメジャー初打点をマークした。試合は11−4でレッドソックスが勝ち、6連勝となった。

リンは「9番・三塁」で先発出場。2回の第1打席で右前打を放ち、初打点を挙げた。さらに、1塁のリンは2塁の走者と重盗を成功させ、初盗塁もマーク。4回の第2打席では中前打を打ち、再び打点を記録した。ダルビッシュが5回途中で降板した後、7回の第4打席でも安打を放ち、今月2日に続いて2度目の猛打賞を決めた。

先月24日にマイナーの2Aから昇格したリン。同26日のツインズ戦で初安打、今月2日のブルージェイズ戦では台湾人選手として初の猛打賞をマークした。

(編集:楊千慧)