お金は「使うため」に貯めるべし 大切な人を助けることにつながる

ざっくり言うと

  • お金は「貯めこむため」ではなく、「使うため」に貯めるべきだと筆者
  • 勉強や転職、社会人留学、旅行や休暇などに踏み出すきっかけになるという
  • 貯蓄することで「心の余裕」ができ、大切な人を助けることにつながるとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング