「バイバイ」したあとの帰り道は、デートの余韻に浸ることでしょう。また次に訪れるかもしれない彼とのデートを想像しながら……。

しかし、モテ女子は余韻だけにとどまりません。次のデートを現実のものにするために、ある行動をとっているのです。

それが、デートのあとにLINEを送るということ。

あるメッセージを投げかけ、次のデートへと繋ぎ、さらに男性を真剣にまでさせてしまう!


出典:Nosh

今回は、デートのあとに送る“モテ女子のLINEテク”をご紹介します。

 

■楽しかったことを伝える

まずは基本的に誰もが送る「今日は楽しかった」というLINE。これはこれで間違いなのではなく、伝えられた男性も喜んでくれるでしょう。

しかし、モテ女子はさらに一歩上をいきます。

何がデートで楽しかったのか、そのシーンを思い出してしまうかのような具体的な内容、さらにそのときに交わした言葉も加え、よりリアルなメッセージを送るのです。

 

■「あっという間だったね」

好きな人といるときに思う「もっと一緒にいたかった」という気持ち。

このような気持ちをストレートに伝えてしまうと、重く捉えられてしまう可能性があるため、「あっという間だったね」というメッセージに置き換えてみるのがモテ女子です。

人間とは、楽しい時間を短く感じてしまうもの。

ですから、「あっという間だったね」という言葉を伝えることで、間接的に「もっと一緒にいたかった」という気持ちとして届けることができるのです。

 

■彼の名前をLINEに入れる

これは、まだ関係が浅い2人に効果的なテクニックといえるでしょう。

名前で呼ぶことに恥ずかしさがあり、どこか躊躇するからこそ、親近感がわくワードでもあります。

とはいえモテ女子は、相手の名前をLINEに“ただ”入れることはしません。デートの最中に、少しもじった自分だけの“彼の呼び名”を決めておくのです。

はじめて呼ばれる自分の呼び名に愛着を持ち、決めてくれたあなたに愛おしさを感じることでしょう。

 

■「今度は私がご馳走するね」

デートの会計は、当然男性が払ってくれるもの、そんな風に思っている人はきっと多いはずです。

それは相手の優しさでもあるので、そのようなときは素直に「ありがとう」と伝えておきましょう。

大切なのはそのあとです。

バイバイしたあと、LINEで一言「今度は私がご馳走するね」と投げかけてみましょう。

あなたのその気持ちを知るだけで、きっと彼は2人の関係を真剣に考えてくれるようになりますよ。

 

 いかがでしたか? デートが終わったあとに送るLINEのメッセージは、男性を真剣にさせるためのコツのようなものです。

余韻に浸り「またデートできたらいいな」と願うだけではなく、今回ご紹介した内容を参考に、その願いを現実のものにしてみましょう。(恋の占い師 そら)

【関連記事】

※ 血液型別「男が喜ぶ」LINEテク【A型の彼は…挨拶を交えながら世間話を】

※ 血液型別「気になる彼をデートに誘う」LINEテク【B型の彼には楽しい会話の流れを】

※ 脈なしそうな彼でも…!?「必ず返信がもらえる」LINE術

※ ずっと一緒にいたい!自然と男を惹きつける「愛され女子」の特徴

※ 見た目だけじゃない!彼が大切にしたくなる「愛され女子」の特徴

※ 「好き過ぎて、つい…」男性が本気の女にやりがちな空回り言動