浴衣姿で登場

写真拡大

 人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが再結集したヒットアニメを実写映画化した青春ラブストーリー「心が叫びたがってるんだ。」の完成記念プレミアイベントが7月5日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催され、「Sexy Zone」の中島健人、芳根京子、「E-girls」の石井杏奈、寛一郎ら出演者と熊澤尚人監督が出席した。

 それぞれに悩みを抱える高校生4人が、ミュージカル公演の準備を通じて成長していくさまを描く。中島が他人に本気で向き合うことが苦手な高校生・坂上拓実、芳根が過去のトラウマが原因で人と話そうとすると腹痛を起こしてしまう成瀬順、石井が恋をあきらめた拓実の元恋人・仁藤菜月、寛一郎がひじを負傷して心を閉ざした野球部のピッチャー・田崎大樹を演じる。

 会場は、浴衣姿のファン約1000人が埋め尽くし、映画仕様にラッピングされたバスが会場に到着すると割れんばかりの歓声が響き渡った。土砂降りの中での開催となったが、中島は「空が感動の涙に包まれています」と“王子ぶり”を発揮。思いを伝える際には「ストレートプラス、フック、アッパーで(言葉を)使いますね。小技をきかせると言いますか」と語り、ファンを見渡して「皆さんの浴衣姿が綺麗すぎて何も言えませんね」と語りかけ、観衆を喜ばせた。

 中島を見つめて「いつでも王子様なんだ……ほんまもんやなあ」と感心した様子の芳根は、「最後の晩さんに何が食べたいですか?と聞いたら、『俺に最後の日はない』って言われました」と暴露。石井も便乗し、「中島さんは人間のプロ。疲れた表情を見せないから、疲れることないんですか?って聞いたら『俺の人生はすべてハッピーエンドだからそんなことないよ』と言われました」と明かした。寛一郎は「(中島は)常にこういう感じなので気持ち悪い」とぶっちゃけ、中島を苦笑させた。

 4人が仲むつまじい様子を見せるなか、熊澤監督は「中島くんが絶えずみんなに話しかけて、笑い話を披露してくれた。スタッフへの気配りもよくきく座長でしたね」とねぎらい、中島は「痛み入ります……。学園ものなのでクラスのみんなが1つにならないといけないですし、何よりも皆さんに撮影を楽しんでほしかった」とほほ笑んでいた。

 七夕が近いこともあり、イベントではそれぞれが願いを披露。「早起きが得意になりますように」(中島)、「腹筋割れたい」(芳根)、「体が柔らかくなりますように」(寛一郎)、「みんなと夏を満喫したい」(石井)、「『ここさけ』がたくさんの方に見てもらえますように」(熊澤監督)と個々人の悩みや思いが反映された内容に、観客は興味津々で聞き入っていた。

 「心が叫びたがってるんだ。」は、7月22日から全国公開。