Z会Asteria「総合探究講座」

写真拡大 (全2枚)

 Z会のオンライン講座「Z会Asteria(アステリア)」は、7月24日より「総合探究講座」の提供を開始する。対象は中学生。 第1回目は「特別企画」として、マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長の伊藤穰一氏が登壇。中高生とのセッションも予定している。

 「Z会Asteria(アステリア)」は、iPadで学ぶオンライン講座。2017年3月開講の「英語4技能講座」「数学新系統講座」の2講座に加えて、「総合探究講座」の新講座が開講される。

 「総合探究講座」では、世の中の課題を、他者と協働して解決できる力を養うことを目的としている。教育ICTの活用による対話的な学びで、主体的な課題解決力を育て、協働解決する経験ができるという。

 「総合探究講座」は、「協働学習」「個人学習」「探究学習」の3つで構成されている。協働学習では、受講者同士が月に1度、オンラインディスカッションを経験。国際的なテーマや人工知能(AI)についてなど、さまざまなテーマをもとに「対話的な学び」をする。

 個人学習では、映像講義などを使って問題解決とコミュニケーションのスキルを磨く。探究学習では、社会で活躍するさまざまな登壇者の講義をアプリ内で視聴する。ライブ配信中にコメント機能を使って登壇者への質問も可能となっている。

 第1回目の探究学習は「特別企画」として、マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長の伊藤穰一氏が登壇。「新しい時代に必要となる学びとは」をテーマに講義を行う。また、講義の会場でセッションする中高生20名も募集。参加希望の場合は、Webサイトにて応募を受け付けている。

 「総合探究講座」の受講者は、「課題発見・解決能力」を測るアセスメント試験を年に3回受験。定期的に学習による力の伸びを測定する。試験料は受講料金に含まれている。

◆Z会Asteria「総合探究講座」

受講開始:2017年7月24日(月)

対象:中学生※受講にはiPadが必要

受講料:1か月7,800円(クレジット決済の場合)

◆特別企画 伊藤穰一氏とのセッション参加者募集

日時:2017年7月28日(金)20:00〜21:00

テーマ:新しい時代に必要となる学びとは〜21世紀に必要なイノベーションとコラボレーション

対象:中学1年生〜高校3年生

定員:約20名

参加費:無料

申込方法:Webサイトより申し込む 《リセマム 神山千寿子》