GKを探すナポリ、ユーベGKネト獲得に関心?

写真拡大

▽ナポリが、ユベントスのブラジル代表GKネト(27)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。

▽ブラジルのアトレティコ・パラナエンセでデビューしたネトは、2010-11シーズンにフィオレンティーナに移籍。加入4年目の2013-14シーズンにレギュラーの座を掴むと、その活躍が認められ、2015-16シーズンにはユベントスに移った。ユベントスではイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの控えに努めたが、出場した試合では安定したセービングを見せ、昨季は公式戦14試合の出場で8度のクリーンシートを記録した。

▽しかし報道によると、ネト自身はプレー機会を求めているようで、今夏にユベントス退団を考えている模様。そこに目を付けたナポリが獲得に向けた動きを見せているという。

▽ナポリはスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(34)が守護神として活躍しており、昨シーズンはリーグ戦37試合に出場した。チームは、当面はレイナを守護神とする考えだが、将来的にネトを据えることも考えているという。なお、同メディアは6日にミラノでネトの移籍に関する会談を行うという。