彼のことは誰よりも好き! とっても大好きだから、許せることには許せるんだけど……「変なクセだよな〜」と思ってしまうことってありませんか? さらには「これ、愛情がなくなったら許せないだろうな〜」なんて冷めた目で彼のことを見ていることも。
今回は、変なクセを持つ彼氏と付き合ったことがある女性にリサーチをかけてみました。それでは、フィクションのようなリアルエピソードをお楽しみください!

1)鼻をほじる

「私の元カレは、所構わず鼻をほじる人でした。鼻をちょんちょんっといじる程度ならまだ許せるのですが、けっこうガチでほじるから恥ずかしくて……。でも、当時は大好きだったから許せていたんですよね〜。今は絶対に無理です」(歯科助手/25歳/女性)

家の中だけなら許せますが、外でもほじってしまうなんて……一緒にいるこっちがビックリしてしまいますよね! 大好きな相手でなければ絶対に許せない所業です。

2)電車の中だけ貧乏ゆすり

「何のスイッチが入るのかはわからないけど、電車の中だけ貧乏ゆすりをする人と付き合ったことがあります。本人に聞いてみると、自覚はあるようでしたが、理由までは言いたがらなかったので結局わからずじまいです」(講師/29歳/女性)

電車の中がよほど落ち着かないのか、それとも何か他の理由があるのか……。気になるところですね。

3)ご飯の上でツーバウンド

「ご飯の上で、おかずを必ず2回バウンドさせるんですよ! 焼き肉で1回バウンドとかならわかるけど、おかずなら何でもバウンドさせます。しかも2回! けんたい期になったとき、それが許せなくなって別れました」(美容師/29歳/女性)

2回というとは、何かこだわりがあってのコトなのでしょうか? しかし、クセというのは一度カンに触ると思ってしまうともう許せなくなったりするものなんですよね〜。

4)お腹が太鼓がわり

「彼が、流れている曲に合わせてリズミカルにお腹を叩くんですよ。普段は楽しいですけど、ケンカ中は心底イライラしますよ」(フリーランス/30歳/女性)

筆者も、たくさん食べたときにはつい腹太鼓を鳴らしてしまうのですが、パートナーをイライラさせている可能性があるかもしれないということですね。……気をつけます。

5)オナラの後の表情

「人前でも遠慮なくオナラをし、その後にとてもこうこつそうな表情をするのが彼のクセ。別に良いけど、何か気になります」(営業/27歳/女性)

きっと、よほどスッキリするのでしょうね。一般的にはオナラやゲップは恥ずかしいもの――というような認識があるので、その後のこうこつそうな表情とのアンバランスさが気になるのかもしれません。

こうして見てみると、クセさえも十人十色。本当に、色々なクセがあるものですね。