@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ロールス・ロイス、EVが終着点 HVは妥協

ロールス・ロイスのCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュは、クルマの「電化」に対して、次元の違う意見をもっている。

彼は「将来的に、かならずクルマは電力で動くようになります」と認めたうえで、ハイブリッドは「妥協の産物です」というのだ。

「そもそも、ロールス・ロイスは完ぺきなクルマでなくてはなりません。妥協のだの字も許されないのです。したがって、EVが電化の最終形態だとしましょう。だとしたら、どうしてエンジンと電力が共存する必要があるのでしょう?」

そのこころは、つまりこうだ。

「ロールス・ロイスの顧客は、技術があたらしいかどうか? を最優先することは、ほとんどありません。クルマに非の打ち所がなく、極めて高い信頼性を実現しているかどうかが大切なのです」という。

親会社がBMWであることを挙げたうえで、新技術の開拓はBMWに任せ、しかるべきとき(=成熟したとき)に、その技術をロールス・ロイスが採用すればよいというスタンスなのだ。

「ロールスが自動運転? いやいや運転手がいますから」

クルマの自動運転化にも、ロールス・ロイスならではの見方をしている。

昨年、BMWの100周年記念で発表された「ビジョン100コンセプト」は、完全なるEVであったうえ、自動運転車であったわけだが、トルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは「だからといって自動運転が最終的なゴールではありませんよ」と念を押す。

「だって、わたしたちの顧客は、基本的に運転手つきです。ファントムを自分で運転して移動するなどということは、ほとんどないのです」

「『ロールス・ロイスはいつ自動運転になるのですか?』という質問があったとしたら、それは顧客以外からですね。今のところ、顧客からそんな質問を受けたことは一度もございません」

なるほどロールスらしいスタンドポイントだ。