サラダを食べよう! 7月6日は『サラダ記念日』

写真拡大

執筆:永吉 峰子(管理栄養士)

7月6日はサラダ記念日だとご存じでしたか?

サラダは脇役のイメージがありますが、工夫次第では食卓のメイン料理にもなります。

そこでサラダ記念日の由来や、夏にぴったりのごちそうサラダのレシピをご紹介致します。

サラダ記念日の由来とは?


サラダ記念日は俵万智さんが読んだ短歌「この味がいいねと君が言ったから7月6日はサラダ記念日」に由来します。

この短歌は1987年にその名も「サラダ記念日」という詩集で発表されたものです。

料理の味を褒められた、日常の嬉しさを表している詩です。

後に俵万智さんご本人が「いいね」と言われたのはサラダではなく「から揚げ」であったこと、詩にするにはから揚げはヘビーすぎるのでサラダにしたことをあかしています。

また日付についても、サラダが美味しい夏で「サラダ」と響きと相性のよい7月を選び、なんでもない日を記念日にということで、七夕の1日前の7月6日に設定されたそうです。

サラダ記念日には「ごちそうサラダ」を!

サラダ記念日の7月6日は夏のはじまり。食欲が落ちてしまう時期でもあります。

そんな時におすすめなのが、お肉や豆腐などメインとなるものと野菜を組み合わせた「ごちそうサラダ」。

さっぱりとした味わいは食欲のない時にはぴったりです。

また、たんぱく源と野菜を組み合わせることでバランスをとることもできます。

「ごちそうサラダ」を作るコツ

食材の切り方を合わせる

ごちそうサラダは見た目にもこだわりたいもの。

見た目をよくするには、具材の切り方を合わせることがポイントです。薄切りの肉には薄くスライスした野菜、角切りの魚介には角切りの野菜などです。

普段のサラダも切り方を合わせると、一段と見た目がよくなりますよ。

ドレッシングを工夫する

ごちそうサラダはボリュームがあるので、食べ飽きないようにドレッシングを工夫します。

簡単でおすすめなのが、2種のドレッシングを使う方法。2つの味でサラダを飽きずに食べられます。

組み合わせは自由ですが、青じそドレッシングやポン酢などさっぱりしたものに、シーザーや胡麻などクリーミーなものを合わせるとコントラストが楽しめます。

それでは次から、おすすめしたい「ごちそうサラダ」のレシピをご紹介いたしましょう。

レシピ3選! 1.夏野菜と牛肉のグリルサラダ

・ポイント

レモンドレッシングで牛肉をさっぱりといただけます

ドレッシングには玉ねぎを加え、味のアクセントにしています

【材料】※2人前

・牛ヒレ肉 150g
・ズッキーニ 半分
・かぼちゃ 1/8個
・トマト 半分
・レタス 3〜4枚
・玉ねぎ 1/4個
・オリーブオイル 適量
・塩コショウ 適量
・レモンドレッシング 適量


≪※ドレッシングは市販のもので可。下記の材料を混ぜ合わせてもできる。≫
・レモン汁 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ3
・塩 小さじ1 (しょうゆ大さじ1でも可)
・砂糖 少々
・コショウ 適量

【作り方】

1. 牛ヒレ肉は室温に戻し、塩コショウをしてしばらくおき、ソテーする。

2. ズッキーニ、かぼちゃは角切りにしてグリルしておく。

3. トマトは角切りにし、レタスは食べやすい大きさに切る。

4. 玉ねぎはみじん切りにし、レンジで加熱するか、炒めておく。

5. 冷めた4をレモンドレッシングに混ぜる。

6. 器に野菜、角切りにした1の肉を盛り、5のドレッシングをかける。

レシピ3選! 2.豚しゃぶのピリ辛サラダ

・ポイント

豚肉には疲労回復が期待できるビタミンB1が豊富です。ネギに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収をよくしてくれます

ドレッシングにキムチを加え、暑い時期にぴったりのピリ辛味に仕上げます

【材料】※2人前

・豚しゃぶしゃぶ用肉 150g
・きゅうり 1本
・レタス 3枚程度
・長ネギ 5cm程度
・キムチ 50g
・ポン酢 大さじ2

【作り方】

1. 豚肉はさっとゆで、冷ましておく。

2. きゅうりはピーラー薄くスライスする。

3. レタスは食べやすい大きさにちぎり、ネギは白髪ねぎにしておく。

4. キムチはみじん切りにし、ポン酢と合わせる。

5. 器にレタスをしき、1の豚肉、2のきゅうりを盛り、4の白髪ねぎをトッピングする。


6. 4のドレッシングをかけていただく。

レシピ3選!3.豆腐の和風サラダ

・ポイント

ヘルシーな豆腐をメインの食材に使用しています

噛みごたえのある食材と合わせることで、満腹感も感じられやすいのでダイエット中にもおすすめ

飽きないように、2つのドレッシングをかけていただきます

【材料】※2人前

・木綿豆腐 1丁
・ごぼう 8cm程度
・きゅうり 半分
・わかめ(戻し) 50g
・たまねぎ 1/4個
・鰹節 適量
・ノンオイルタイプ青じそドレッシング 適量
・胡麻ドレッシング 適量

【作り方】

1. 木綿豆腐はしっかりと水気をきり、食べやすい大きさにちぎっておく。

2. ごぼうはさきがきにし、さっとゆでておく。


3. きゅうりは千切りにし、わかめは食べやすい大きさに切っておく。

4. たまねぎは薄くスライスし、水にさらし、水気をしっかりと切っておく。


5. 器に豆腐、野菜、わかめを盛り、鰹節をトッピングする。


6. 2種類のドレッシングをかけていただく。


いかがでしたでしょうか。

サラダは食材の組み合わせ次第でメインにもなる優秀な料理です。サラダ記念日を機会に、是非お気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。

<筆者プロフィール>
永吉 峰子(ながよし・みねこ)
管理栄養士。大手小売企業にて店長、商品開発を経験後、現在は「健康」「食」に関する執筆を中心に活動中