バッケンレコードのバッケンって?

写真拡大

スキー競技のジャンプ競技で、バッケンレコードという言葉が使われます。これはそもそもどういう意味なのでしょうか。

言葉の意味は?

バッケンレコードとは「bakken」と「record」を組み合わせた造語です。バッケンはノルウェー語で丘を意味します。さらにドイツ語でスキーの金具の意味があります。バッケンの由来についてはこの2つがあります。

何を意味する

そもそもバッケンレコードが意味するものは、そのジャンプ台における最長不倒距離です。そのスキージャンプ台における、もっとも遠くまで飛んだ距離をさします。さらに、K点という言葉もきかれますが、これは、「これ以上飛ぶと斜面でなくなるので危険である」という場所です。ジャンプ台の設計時にきまっている数値です。ほとんどの競技においてバッケンレコードはK点を超えた先に記録されます。スキーのジャンプ競技は、天候のコンディションや、場所、日時など条件によって記録が大きく変わってきます。そのため、世界新記録というものがなく、そのジャンプ台における新記録としてバッケンレコードが使われています。