最盛期が蘇る!ABBAがロンドンでエキシビション開催

写真拡大

 ABBAがロンドンで体験型エキシビションの開催を予定しているという。10年間の活動を経て1982年に解散した同グループだが、ファンのためにバンドの思い出とスピリットを絶やさぬように努めており、今回ロンドンにあるアートコンプレックス、サウスバンクセンターにおいて12月から「ABBA:スーパー・トゥルーパーズ」という名のアーカイブ展示を開催するという。

 そこには同バンドの歴史における最盛期を再現したセクションも用意され、1974年ユーロビジョンで優勝した時に滞在していた「ブライトン・グランド・ホテル」の一室の再現なども含まれるようだ。

 メンバーのビョルン・ウルヴァースはこの展示会についてこう述べた。「1970年代に作られ、未だ流れ続けている僕らの曲を、サウスバンクの展覧会で、一時的にその当時の雰囲気と共に再現するというのは非常に興味深いよ」「1975年に『マンマ・ミーア』をレコーディングした時に世界で何が起こっていたのか?本当に大昔のようだね!」

 同じくメンバーのフリーダ・リングスタッドもロンドンでの展覧会に喜びを隠せない様子で「サウスバンクで行われる展覧会にとてもワクワクしている」と語っている。

 昨年この体験型エキシビションのためにメンバー同士が再会し、元スパイスガールズのマネージャーのサイモン・フラーとユニバーサルと手を組んでこの新しい試みを企画したとのことだ。 

 当時サイモンは「過去数カ月の間にABBAのメンバーからもらったアイデアがとても素晴らしく非常に期待しているんだ。ヴァーチャル・リアリティやAIといったハイテクの中で果たしてエンターテインメントが何をできるのか。今まで見たことのないものになるよ」と述べていた。

 このプロジェクトは1972年ストックホルムでの結成時のオリジナルメンバー4人が全て関わっているとのことだ。