佐藤二朗と菅田将暉、新作でもタッグ組む

写真拡大

吉野家が「吉野家“家牛”しよう」を謳って“菅田将暉スペシャル”のWEB限定ムービー『いろいろおかしい 佐藤二朗が実況する菅田将暉の家牛全力テイクアウト』を4月27日にYouTubeで公開したところ、「面白い!」「くだらなくて笑える」と評判になった。出演者の佐藤二朗がその反響を受けて6月30日、『佐藤二朗(actor_satojiro)ツイッター』で「吉野家『全力テイクアウト編』がYouTube広告動画2017上半期6位を授賞」とつぶやいた。

【この記事の動画を見る】

本作は福田雄一監督が監督・脚本を務め“家牛”を楽しみに全力でテイクアウトする青年役で菅田将暉が主演、佐藤二朗は実況ナレーションといろいろな人物に扮してちょい役で登場する。福田監督と佐藤二朗といえば『勇者ヨシヒコ』シリーズをはじめ数々の作品で組む名コンビだ。ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』では菅田将暉もゲスト出演しており、そのつながりの強さは7月14日公開の映画『銀魂』でさらに発揮される。

佐藤は吉野家『全力テイクアウト編』の人気を実感すると「NG大賞しか縁がなかったから将暉&演出の福田に感謝」と2人の顔を思い浮かべた。彼はさらに吉野家が7月3日発売の「サラシア由来サラシノール」をタレに加えた新商品“サラシア牛丼”に触れ、「第2弾“サラシア牛丼”も同じメンツで長いのと短いのが出来上がった模様。長いのはね、もうね、ひどいよ。ビックリするよ。期待して待たれよ」と新作映像について示唆した。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)