プロ野球・東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターのつば九郎が7月4日、人気バンド・スピッツのイベントに登場したことを報告。その内容についてレポートし、ネット上のプロ野球ファンから注目が集まっている。

つば九郎公式ブログよりスクリーンショット

 これは同日、つば九郎が自身の公式ブログに投稿した 『すぴっつ。』 という記事のことで、この中でつば九郎は、「いやぁ〜いってきましたよ〜!とないぼうしょのいべんとに〜ぱちり。」「すぴっつ30しゅうねんいべんとに、およばれされました。 しみずみちこさん、さかいみきさん、はらいちいわいさん。そこにつばくろう〜でへへ。」と、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気や清水ミチコ、女優の酒井美紀らと共に、スピッツの結成30周年イベントにゲストとして呼ばれたことを報告。

 「かえるとき、すぴっつの、すたっふ〜!さんから、あすはつばいの、べすとあるばむを、いただきました〜!ありが10!ぺこり。みんなえみふる。」と、同バンドのベストアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』をプレゼントされるなど、同イベントを満喫した様子を明かすこととなった。

 つば九郎&スピッツといえば、神宮球場でのパフォーマンスの際に、つば九郎がスピッツのヒット曲『チェリー』にあわせて踊ったことが話題となったため、今回のゲスト出演に繋がったと思われるが、スピッツのボーカル・草野マサムネは、東京ヤクルトではなくソフトバンクホークスのファンとのこと。贔屓球団は違えど、縁の生まれた両者だけに、今後もその微笑ましい関係が続くよう、我々も期待したいところだ。