ヴィーナスグランプリ/画像提供:スペースワールド

写真拡大

【女子旅プレス】4日放送のTBS系「マツコの知らない世界」(毎週火曜よる8時57分〜)では、“ジェットコースターの世界”をテーマに、日本全国212基のジェットコースターのうち197基を制覇した渡邉直太氏をゲストに迎え、今夏絶対に乗りたくなるジェットコースター5機種を発表した。

【さらに写真を見る】「マツコの知らない世界」で発表、今夏絶対に乗りたくなるジェットコースター5選

◆ヴィーナスグランプリ/スペースワールド


福岡県北九州市の「スペースワールド」にあるヴィーナスグランプリは、制作費約20億円をかけた人気アトラクション。日本最大級の弧を描く特大1回転、地面すれすれを進むブーメラン走行が魅力だ。

なお「スペースワールド」は2017年12月末をもって27年の歴史に幕を閉じることが発表されているため、乗るならば今年がラストチャンス。

■スペースワールド
住所:福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1-1

◆ジュピター/城島高原パーク


大分県「城島高原パーク」のジュピターは、日本初の木製コースターとして誕生した、園内の端から端を占める巨大ジェットコースター。

6万本の米松を組み上げて建てられたその姿はまるで芸術品のよう。全て木材で造られているため乗車中の音と振動はかなりのもの。

木のトンネルのような健材の間を抜けると最高時速91キロに到達。日本最古、築年数25年でありながら不動の人気No.1アトラクションとして君臨し続けている。

■城島高原パーク
住所:大分県別府市城島高原123

◆シャトルループ/ナガシマスパーランド


東京ドーム13個分の敷地面積に12基のジェットコースターを保有する、三重県桑名市の「ナガシマスパーランド」。

中でも1980年に運転開始したシャトルループは、手に入らなくなった部品を探し出し特注している、いわば“絶滅危惧種コースター”。

発射1秒で時速90キロに到達するとわずか7秒で一回転、その後逆走し日本一の重力を感じるポイントもあり、乗車時間32秒の間にスリルが凝縮されている。

■ナガシマスパーランド
住所:三重県桑名市長島町浦安333

◆バンデット/よみうりランド


東京都稲城市の「よみうりランド」で不動の人気No.1コースターであるバンデット。

走行距離1,560mのコースの最中に東京の街並みを一望でき、春には満開の桜の中を走り抜けるため、季節によって移り変わる絶景を楽しみながら最高時速110kmのスリルを味わえる。

■よみうりランド
住所:東京都稲城市矢野口4015-1

◆ビッグバーンコースター/那須ハイランドパーク


東日本最大級の遊園地である栃木県の「那須ハイランドパーク」。

30年前に設置されたビッグバーンコースターは、乗車時間3分のうち、那須高原を見晴らせる最高地点を過ぎると、75度の角度で落下するドロップが待受け、今では珍しいタイヤブレーキも採用されており、ラストまで魅力が詰まっている。

■那須ハイランドパーク
住所:栃木県那須郡那須町高久乙3375

(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

【Not Sponsored 記事】