5日、韓国・聯合ニュースによると、韓国南部、昌原市内を流れる陽徳川で、作業員らが急流に流される事故があり、3人が遺体で発見された。資料写真。

写真拡大

2017年7月5日、韓国・聯合ニュースによると、韓国南部、慶尚南道(キョンサンナムド)昌原(チャンウォン)市内を流れる陽徳(ヤンドク)川で、作業員らが急流に流される事故があり、3人が遺体で発見された。

地元区役所から発注を受けた会社は、4日午前から下請け会社所属の作業員4人を河川施設の補修・補強作業に送っていた。作業は川底まで下りて構造物の亀裂を補修するというものだったという。

4日は台風3号が過ぎた後だったこともあり、気象に関するこれといった注意情報はなく、前日の夜間に降り続いた雨は朝にはやんでいた。陽徳川は普段は水深が浅い河川として知られており、この日も作業に支障の出る水深ではなかったとみられる。しかし午後4時が近づくにつれ市内で強い雨が観測され始め、昌原気象台は午後3時50分、市全域に大雨注意報を発令した。

事故が起こったのは午後3時30分ごろ、上流からの激流にのまれたとみられる作業員らのうち1人は電線につかまり続け無事救助されたが、3人は4日夜から5日朝にかけ川の下流で遺体で見つかった。

作業を発注した区役所は「今日(4日)の天気予報で雨があまり降らないと言っていたので、現場で作業を行ったものとみられる」と釈明したが、実際に作業員らが集中豪雨の中で工事を強行したかどうかは確認できていない。一方、救助に当たった消防士の一人は当時の状況について「川の上流から水がどっと押し寄せてきて水深が1メートル以上に急上昇した」と話している。

この事故について韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、「気象庁がついに人に危害を与えたか」「気象庁の予報は当たらないからね」「信じちゃ駄目だって」「予報ができないのならせめて中継でもちゃんとやってよ」「気象庁を解散して外国にお願いしよう」と気象庁への非難の声が大半を占めている。

その他にも「大雨かどうかに関係なく、雨が降り出したら作業は中断すべきだった」「こういう事故を聞くたびに残念に思う」といった声、韓国社会を皮肉って「市からの工事だから日程に合わせて無理に強行したのだろう。こういうのは昨日今日のことじゃない」「事故でけがをしたり犠牲になったりするのは、いつも非正規雇用の人ばかり」などと指摘する声も上がった。(翻訳・編集/松村)