ソニー、広視野角パネル搭載の24型フルHD液晶モニターベーシックモデル「LMD-B240」を発表

写真拡大

ソニーは、反射の少ないアンチグレア仕様の広視野角(178度)パネルを搭載した24型フルHDマルチフォーマット液晶モニター「LMD-B240」を2017年9月中旬に発売する。希望小売価格は税別320,000円。

LMD-B240は、業務用液晶モニターとしての基本性能に加え、モニターに入力された異なる2系統の信号を、1台のモニター上に左右並列で表示可能な「シンクフリーサイドバイサイド」機能を搭載。非同期の入力信号にも対応し、解像度やフレームレートの異なる信号であっても1フレーム以内の低遅延で表示可能だとしている。

上位機種の「LMD-A240」のデザインを継承しながら、LMD-A240と比較して20%の低消費電力化に加えて約15%軽量化されている。また、機構設計におけるファンレス化により、撮影現場はもちろん、音声調整作業での運用にも使用可能な静音性を実現しているという。