契約更新目前のメッシ

写真拡大

FCバルセロナは5日水曜日に、レオ・メッシが35歳となる2022年までの契約更新の合意を公式発表する予定である、と“Cadena Cope”は報道している。

【関連記事:メッシ 契約延長の手続が進行】

これまでの数週間、メッシとバルサは契約更新に向け競技を重ねており、新しい契約はすでに準備されているとSPORTでは報じていた。そして、今回の契約更新でメッシの契約解除金は3億ユーロ(約385億円)となる見込みである。

なお、バルサは会計の観点から2016-17シーズンが終わるのを待っており、2017年7月1日以降の更新を望んでいた。

そのため、6月30日に行われたアントネラ・ロクソとのウェディングなどを含めた休暇と重なってしまっていた。

なお、公式な契約締結はメッシがバルセロナに戻り、新監督エルネスト・バルベルデの下でプレシーズンが始まってからされると想定されており、7月15日以降になるだろう。