@AUTOCAR

写真拡大

新車、EV/HV用モーター量産が目的

日立オートモティブシステムズとホンダは、7月3日、電動車両用モーターの開発、製造および販売をおこなう合弁会社を設立した。

出資金は、あわせて50億円。日立オートモティブシステムズ株式会社が51%、ホンダが49%を出資。社長は、山口登氏が就任した。

所在地は茨城県ひたちなか市にある日立オートモティブシステムズの敷地内。

新会社は「グローバルに拡大する自動車メーカー各社の電動車両用モーターの需要に対し、両社の知見をあわせた競争力あるモーターで応えていきます」とコメントしている。