レンヌ、チェルシーのFWレミ獲得に興味か

写真拡大

▽レンヌがチェルシーのフランス代表FWロイク・レミ(30)の獲得に興味を示しているという。フランス『レキップ』が伝えている。

▽今夏すでに、U-20フランス代表DFクリスト=エマヌエル・フィトゥ・マウアサ(18)、マリ代表DFハマリ・トラオレ(25)、元U-20フランス代表MFバンジャマン・ブリドー(23)を獲得しているレンヌは、次はアタッカーの補強を目論んでいるようだ。

▽FWの獲得を目指すレンヌは、ポルトのカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(25)の獲得を試みていたが破談に終わったようだ。そこで新たにチェルシーで出場機会が得られていないレミに着目。昨シーズンは、レンタルでクリスタル・パレスに加入したものの、負傷により長期離脱を余儀なくされ、公式戦わずか8試合の出場にとどまっていた。

▽『レキップ』によると、レンヌはすでにチェルシーとコンタクトを取っている模様。契約が2018年までとなっているレミは、今夏チェルシーを退団するとみられている。