5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、フォーチュン・グローバル500における中国企業の躍進について伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年7月5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、フォーチュン・グローバル500における中国企業の躍進について伝える記事を掲載した。

記事は、1995年と2015年のランキングを比較。1995年にランク入りした中国企業はわずか3社だったのが、2015年には106社となり35倍も増加、世界第2位となったと紹介した。

逆に、この20年間で最も衰退が顕著なのが日本で、1995年には149社ランク入りしていたのが、2015年には54社まで減少。3分の2も減ったと衰退ぶりを強調した。

米国は、1995年の151社から、2015年は128社となっており、減少してはいるものの比較的安定しているとした。欧州各国は軒並み減少で、フランスは44社から31社に、ドイツは44社から28社になっている。

中国の増加数が最も多く、過去20年間で103社増えているが、記事はその多くが国有企業、電力、石油、石炭、鉄鋼などの企業であり、質が低いと言わざるを得ないと指摘。米国が科学技術企業を主としているのとは比べようがないとした。

これに対し、中国のネットユーザーからは「いまだにひざまずいている人たちはよく見た方がいい。祖国はすでに強大になった」「中国の復興は明らかであり、日本の工業はその多くが衰退した。今の日本に残っているのは自動車くらいで、唯一中国に勝っている分野だ」などのコメントが寄せられ、自国への自信を深めたようである。

また、「中国は118社だろう。106社に加えて台湾7社と香港5社がある」「でも2016年のランキングでは110社がランク入りし、そのうち50社以上が民間企業だったよ」などの指摘もあった。いずれにしても、中国企業の躍進を多くのネットユーザーが喜んでいるようである。(翻訳・編集/山中)