画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の栗山千明が5日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局系ドラマ『遺留捜査』(13日スタート、毎週木曜20:00〜 ※初回2時間SP)の制作発表会見に登場し、洋服やぬいぐるみの"タグ"にこだわっていることを明かした。

主演の上川隆也演じるマイペースで空気を読まない刑事・糸村聡が、遺留品にこだわって事件を解決していく同作。それを踏まえ、自身がこだわっていることを聞かれた栗山は「洋服とかぬいぐるみに付いているタグがないと寝れないタイプでして…」と答えた。

さらに、「そのタグにもこだわりがありまして、アメリカ製とかの硬いタグを触りながら就寝するというのが日常です」と告白。司会の久保田直子アナウンサーは「かわいい…」とメロメロで、共演する段田安則は「栗山さんのタグになりたいな」と妄想していた。

同じ質問に、上川は「愛犬の健康です。それ以外に特にこだわっておりません」と断言。「メスなんですけど、彼女がいないと僕の毎日は立ち行かないので、それに尽きます」と、愛情があふれ出ていた。

連ドラ第4シーズンとなる今作は、舞台を東京・月島から京都に移し、糸村が難事件を鮮やかに処理する"火消し"と呼ばれる「特別捜査対策室」に加入。栗山は、糸村とバディを組む神崎莉緒役、段田は「特別捜査対策室」室長の桧山亘役で、他にも、同室の同僚刑事役である永井大、戸田恵子、前シリーズから続投する科捜研・村木繁役の甲本雅裕も会見に出席した。