Apink、ラジオ番組で率直なトークを披露…メンバーたちの酒量は?

写真拡大

本日(5日) 韓国で放送されたSBSラブFM「ユン・ヒョンビン、ヤン・セヒョンのツーマンショー」にApinkがゲスト出演し、率直なトークを披露した。

DJのヤン・セヒョンは「過去にソン・ナウンと映画で共演したが、うろうろしているところをHighlight ユン・ドゥジュンに阻止されたことがある。ナウンさんの手を掴んだけれど、僕の手から汗が出続けた」と当時を詳しく記憶していた。しかし、ソン・ナウンは「手に汗を握ったかどうかよく覚えていない」とし、ヤン・セヒョンを気まずくさせた。そこにDJのユン・ヒョンビンまで加わり、「ヤン・セヒョンだけに良い思い出だったみたいだ」とし、スタジオを爆笑させた。

しかし、ヤン・セヒョンはそれに屈することなく、チョン・ウンジとの親交をアピールしながら、ドラマ「応答せよ1997」でカメオで出演したことに言及し、チョン・ウンジに「今も『応答せよ1997』チームみんなと連絡しているか?」と質問した。チョン・ウンジは「先日共演したイ・シオン兄さんがグループトークに『今日は僕の誕生日だけど、祝ってくれよ』と送ってきて、みんなで大笑いした」というエピソードを伝えた。

酒量については、キム・ナムジュが「酒はあんまり飲めない。焼酎半本くらいだ」と答え、パク・チョロンは「ちゃんと飲むとビール3000ccくらいだ」とし、ユン・ボミは「焼酎は美味しくないけれど、洋酒は美味しい」と答えた。一番酒が強いメンバーとしてはオ・ハヨンを挙げた。リスナーたちがApinkのスタイルの管理の秘訣について聞くと、キム・ナムジュは幼い頃からずっとやっているバレエを、ユン・ボミは最近始めたテニスを、チョン・ウンジはPT(パーソナル・トレーニング) とボクシングを挙げた。