株式会社メルカリは4日、CtoC事業やその周辺事業を行う企業に出資をする「メルカリファンド」を開始すると発表した。

 

これまでにも、同社はネットショップ開設サービス「BASE」を運営するBASE株式会社や、家電・カメラ等のレンタルサービス「Rentio」を運営するレンティオ株式会社などに出資しており、CtoC事業やその周辺事業に対しての積極的な出資の姿勢をみせてきた。

 

今回立ち上げた「メルカリファンド」は、出資プロジェクトの呼称であり、子会社設立やファンドの組成ではないが、今後も出資をしていく上での正式な名称となる。

 

なお、立ち上げに伴い2017年6月に、スマートフォンアプリで語学レッスンを受けられるサービス「flamingo」を運営する株式会社フラミンゴに出資している。

 

発表資料

URL:https://www.mercari.com/jp/info/20170704_mercarifund/

2017/07/05