CL決勝で対戦したレアルとユベントス

写真拡大

 スポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』は4日、今月に開催されるインターナショナル・チャンピオンズ杯(IC杯)を全試合放映することが決定したと発表した。

 IC杯は欧州の強豪クラブがプレシーズンに行う大会で、今年は7月18日から同31日まで開催される。今大会は欧州5大リーグから、各国リーグ戦で上位の成績を収めたクラブが参加。アメリカ、シンガポール、中国の3か国で開催され、各国にて優勝クラブが決まる。

 アメリカは、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制覇したレアル・マドリーと準優勝のユベントス、さらにバルセロナ、パリSG、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、プレミアリーグ2位のトッテナムなど、ビッグクラブがひしめく激戦区。同国ではマンチェスター・ダービーとクラシコが実現する。

 ブンデスリーガで前人未到の5連覇を果たしたバイエルンは、シンガポールと中国の両国に参加し、シンガポールではプレミアリーグ王者のチェルシーと激突。また、MF香川真司の所属するドルトムントは中国でバイエルンをはじめ、DF長友佑都所属のインテル、アーセナル、ミラン、リヨンと対戦する。

以下、参加チームと各国の振り分け(7月4日時点の予定)

■アメリカ

R・マドリー

ユベントス

パリSG

マンチェスター・U

バルセロナ

マンチェスター・C

トッテナム

ローマ

■中国

ミラン

ドルトムント

バイエルン

アーセナル

インテル

リヨン

■シンガポール

チェルシー

バイエルン

インテル


●欧州CL16-17特集

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

●プレミアリーグ2016-17特集

●セリエA2016-17特集

●ブンデスリーガ2016-17特集