ボルボ・カーズ、 内燃機関のみを搭載した車の終焉を発表し、2019年以降から全モデルを電動化へ


ボルボ・カーズは、2019 年以降に発売される 全てのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えると発表した。


この発表は、電動化に取り組む全ての自動車メーカーにとって最も大きな転換期の一つを意味し、内燃機関の発明から1世紀以上を経て電動化が自動車の歴史における新たな章の幕開けとなることを明確に示した。


「この発表はお客様のニーズを追求した結果です。人々はますます電動化された車を求めており、我々はお客様の現在と将来のご要望にお応えして参ります。お客様はお好みの電動化されたボルボ車を選択 することができるようになります。」とボルボ・カーズ社長兼 CEO のホーカン・サムエルソンは述べた。


ボルボ・カーズは全モデルに、電気自動車、プラグインハイブリッド車、マイルドハイブリッド車をラインアップする。2019 年から 2021 年の間に5台の電気自動車を発売し、そのうち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーで、ポールスターのモデル詳細については後日発表される予定。


これらの5台に加えて、全モデルにガソリンおよびディーゼルのプラグインハイブリッド、もしくは 48V の オプションを備えたマイルドハイブリッドを用意し、自動車メーカーの中で最も幅広い電動化された車を提 供する。

【ギャラリー】VOLVO Electronic9

■ボルボ・カー・ジャパン 公式サイト
http://www.volvocars.com/jp