今年4月から、Abema TV(アベマTV)にて毎週月曜夜10時より放送中の『最上もがのもがマガ!』は番組2年目に突入。「恋愛」をテーマとして設定し、恋愛相手を募集中のでんぱ組.inc・最上もがは、恋愛カウンセラーや、恋愛にアグレッシブな外国人などをスタジオに招いて、恋愛講座を受けていた。

 そして、7月3日放送の同番組では、出演者の土屋伸之(ナイツ)から「今週は編集長(最上)、いかがお過ごし?」と振られると、最上は口元を手で押さえながら、照れた様子で「なんと好きな人ができました〜!」と告白。

 すると土屋は「え〜!なんと!おめでとうございます!この番組でずっとこれ(お相手探し)をやってて。出会いがない、出会いがないっていってて。やっと!」と喜んだ。

 その後「え?どんな方ですか?」と聞くと、焦らす最上。土屋が「リアル(現実世界の相手)じゃなきゃ許さないですよ?」と牽制するも、最上は「待ってください。僕にとってはリアルです」と反論し、雲行きが怪しくなっていった。

 その空気を察知し、「え?またそっちですか?映画、漫画、ゲームどれ?」と土屋は怪訝な表情。「ア・ニ・メ」と、嬉しそうに回答した最上に、ガックリと肩を落とし「バカヤロウ。いい加減にしなさい。アニメか、今度は」と呆れた。

 そんななか、最上は「めぐみん。このすば(『この素晴らしい世界に祝福を!』)っていうアニメ。かわいいね〜」と、好きになった相手を発表し、しみじみ。「かわいいね」のひと言でピンときた土屋が「女性ですか」と問うと、「はい」の返事があり、「女性かい。アニメで女性かい……。リアルで男性。なんでそこにいかないんですか。この番組のスタッフさんを裏切るような行為ですよ!」と、心底残念そうにしていた。

(c)AbemaTV