@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ボルボ、内燃エンジンのみのモデルは終売

ボルボ・カーズは、2019年から全モデルを電動化すると発表した。

ボルボ・カーズは、内燃機関(ICE)のみを搭載したクルマの歴史的な終焉を発表。2019年以降に発売される全てのボルボ車に、エレクトリックモーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えることを明らかにした。

ボルボ・カーズ社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは、

「この発表はお客様のニーズを追求した結果です。人々はますます電動化されたクルマを求めており、われわれはお客様の現在と将来のご要望にお応えして参ります。お客様はお好みの電動化されたボルボ車を選択することができるようになります」と述べた。


ボルボ・カーズは全モデルに、電気自動車、プラグインハイブリッド車、もしくはマイルドハイブリッド車をラインナップするのだという。
 

まずは5台のEV ボルボ3台、ポールスター2台

また、2019年から2021年の間に5台の電気自動車を発売するという。内訳は、下記の通り。

・3台はボルボ・モデル
・2台はポールスターのハイパフォーマンスカー

ポールスターのモデル詳細については後日発表するという。


これらの5台に加えて、全モデルに

・ガソリンのプラグインハイブリッド
・ディーゼルのプラグインハイブリッド
・48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッド

のいずれかを用意し、自動車メーカーの中で最も幅広い電動モデルを提供する。

「ボルボ・カーズは、かねてより2025年までに100万台の電動化したボルボ車を販売すると明言して参りました。今回の発表は、この目標の実現に向けた強い決意の表れであり、その道筋を具体的に示すものです」とサムエルソンCEOは、コメントしている。

この発表内容について、ストックホルムのボルボ・カーズ・スタジオで本日、中央ヨーロッパ標準時午後1時(日本時間の7月5日午後8時)から記者会見を行う。

その様子は、以下のウェブ放送(要登録)

http://live.volvocars.com/index2.html?20170705

で記者会見で確認できる。