総統府の林鶴明報道官

写真拡大

(台北 5日 中央社)北朝鮮が4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表したことを受け、総統府の林鶴明報道官は同日、東アジア地域の平和と安定を破壊する行為だと強く非難した。

国防部(国防省)の陳中吉報道官は、同部は国の安全を守るため、周辺海・空域の状況の把握に努めているとしている。

(呂欣ケイ/編集:塚越西穂)