株式会社バッファロー「みまもり合図」情報Webページ
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/mimamori-aizu/

株式会社バッファローは、同社製の外付けHDDおよびポータブルHDDで利用できる故障予測サービス「みまもり合図」を、2017年7月5日(水)に開始した。パソコンに接続されているHDDのS.M.A.R.T.情報(自己診断機能)をクラウドに蓄積して状態を把握し、異常を検知したら即通知するサービス。HDDの故障によるデータ消失を未然に回避しやすくなる。
本サービス用のクライアントソフトは、Windows 10 / 8.1 / 7とOS X El Capitan以降(Mac OS X v10.11以降)に対応しており、サービス開始と同時にソフトウェアダウンロードページでの提供が開始された。故障予測の対象となる製品は、USB 3.0 / 2.0接続式で同社製の外付けHDD / ポータブルHDDで、AV向け製品は対象外。対象シリーズの詳細は、同社Webサイトで確認できる(http://buffalo.jp/products/catalog/storage/mimamori-aizu/#products)。
クライアントソフトをインストールすると、HDDの劣化進行時には「お客様番号」がアラート通知され、その番号を専用サポート窓口(電話もしくはメール窓口)へ連絡するだけで、スムーズに適切なサポートを受けることが可能。専用サポート窓口では、バックアップの案内や新しいHDDへデータを移行する有償サービスが提供され、自身でのバックアップ作業が不安なユーザーのデータ移行をサポートする。
株式会社バッファロー
URL:http://buffalo.jp/
2017/07/05