NTTコミュニケーションズは、7月3日より月額100円で1MBの通信を行える法人向け格安SIM「100円SIM」の提供を開始しました。
 
100円SIMはモバイル回線からインターネット回線を経由せず、NTTコミュニケーションズ独自のネットワークに接続するため、機密性の高い企業データ・個人情報を管理する事業者に適したサービスです。

IoTサービス事業者にも最適

100円SIMは、1回線あたり初期費用500円月額料金100円で月1MBまで通信が行える低価格SIM(1MB超過時は1MBごとに100円加算)です。
 
通信時は、一般のインターネット回線を経由せず、NTTコミュニケーションズ独自のネットワーク「Arcstar Universal One」に直接接続するため、高いセキュリティ性を誇り、インターネット上でのサイバー攻撃の心配もありません。
 
また、月額料金100円という低価格設定のため、見守りサービスや機器の遠隔監視などのサービスを展開するIoTサービス事業者にも最適です。

複数のSIMカードを一元的に管理可能

複数のSIMカードを利用する企業は、ポータルサイトを通して、SIMカードの利用・停止の切り替えやデータ通信量の確認、規定通信量をオーバーした際のアラート設定をまとめて行えます。
 
またこれらの機能は、他のシステムとソフトウェア機能の共有をするAPIにも対応しているため、導入するシステムと連携することで、管理の自動化も可能です。

マルチキャリア接続で高い安定性を誇る

100円SIMは、通信時において同一国・同一地域の複数のモバイルキャリアと接続するため、1つのキャリアで接続が途切れた場合でも、すぐに別のキャリアと接続して通信を継続します。
 
そのため、継続性・安定性の高いIoT環境構築が可能となっています。

利用拡大が期待されている法人向け格安SIM

格安SIMの契約者数は、2015年の1,163万契約から2016年の1,485万契約と28%の伸びを記録していますが、2015年8月にJ.Dパワーが行った調査では、法人市場におけるMVNO利用率は3%に留まっています。
 
ただし、今後はIoTサービスの普及が予想されているため、それに合わせて法人向け格安SIMの利用拡大も期待されています。
 
 
Source:NTTコミュニケーションズ
Photo:flickr-MIKI Yoshihito
(kotobaya)