「6カ月でバルサのようにプレーするなんて…」 名将ペップがマンC就任時の裏話を告白

写真拡大

バルサで一時代を築いた名将、プレミア初挑戦を振り返る

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、就任1年目の昨季は勝ち点78の3位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得たが、就任に当たってクラブから“無茶振り”を受けていたと明かしている。

 カタルーニャのメディア「L'ESPORTIU」の取材に応じたもの。

 グアルディオラ監督はイングランド代表GKジョー・ハート(トリノ)に見切りをつけるなど、就任直後から大幅な選手の入れ替えに着手していた。その裏側には、クラブから全く時間を与えられなかった背景があったと語っている。

「クラブからはバルセロナのようにプレーできるチームにしてほしいとリクエストを受けた。そして、6カ月もあればそれができると確信されていたんだ」

 バルセロナ時代に、自由自在なパスサッカーで欧州を席巻したグアルディオラ監督だが、シティはその手腕をハーフシーズンで同じようなチームを作り上げられるものだと考えていたという。グアルディオラ監督は、それが“無茶振り”であると述懐している。

「11歳や12歳から下部組織で…」

「そんなことは不可能だ。バルセロナにはメッシやシャビ、イニエスタといった下部組織出身の選手が8人から9人もいた。彼らは11歳や12歳からバルセロナのユニフォームを着て、毎日同じようにトレーニングしてきたんだ」

 バルセロナで確立したパスサッカーは、下部組織の果たした役割が大きかったと語っている。潤沢な資金を与えて補強を含めたバックアップをグアルディオラ監督に与えたシティだが、付け焼刃では同じクオリティーに達することはできないと、指揮官に指摘されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images