松井珠理奈と板野友美(画像は『shinodamariko 2017年7月4日付Instagram「ちんさんお誕生日 おめでとう」』のスクリーンショット)

写真拡大

板野友美が7月3日に26回目の誕生日を迎えた。AKB48でともに活躍した篠田麻里子が4日、『shinodamariko shinodamariko3 Instagram』にて「ちんさんお誕生日 おめでとう」とバースデーケーキを手に微笑む板野の姿を公開している。さらにその横で篠田と“姉妹”のように仲の良いSKE48松井珠理奈が寄り添うレアショットに「ええ、じゅりなちゃんも ともちんさんの生誕祭 来ましたか?」とフォロワーの反響を呼んでいる。

篠田麻里子と板野友美には“卒業”を巡って不仲説が流れたことがある。板野は2013年2月1日にドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』の初日舞台挨拶で、年内にAKB48を卒業する意向を明かした。一方で篠田は同年6月8日に行われた『AKB48 32ndシングル選抜総選挙開票イベント』で5位に選ばれてのスピーチで「7月の福岡ドーム公演を区切りにしたい」と卒業発表した。2月に意思表示した板野が卒業日を明確にする前に、篠田は「7月21日に卒業セレモニー、22日に卒業公演を行う」ことが決まっていく。

その後2013年7月16日に放送された音楽バラエティ『火曜曲!』(すでに終了)で、篠田麻里子はその件について真意を話している。自身は1年前の総選挙から次は卒業発表しようと考えていたという。ただ、板野としても先に卒業するつもりだったはずで篠田が先に卒業することになり「許せない部分がすごくあったと思うし、それもすごい分かるから謝るしかない」とタイミングが良くなかったことを認めた。やはりお互いに気まずかったのだろう、選抜総選挙から1〜2週間は会話がなかったものの、板野の方から篠田が卒業するまでの時間を「一緒に楽しく過ごそう」とメールがあり打ち解けたという。

もう4年ほど前のことだ。今となってはこうして板野の誕生日を松井珠理奈とともに祝福する微笑ましい光景が見られるほど仲が良いようだ。

画像は『shinodamariko 2017年7月4日付Instagram「ちんさんお誕生日 おめでとう」、2017年5月25日付Instagram「久々のジュリ姉」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)