NYタイムズスクエアのヒルトンホテルが入ったビルからガラスが落下(画像は『DNAinfo New York 2017年7月3日付「Glass Falls 15 Stories From Times Square Hilton, FDNY Says」(DNAinfo/Katherine Lavacca)』のスクリーンショット)

写真拡大

商業ビルやホテルが立ち並ぶ繁華街を歩いている時、まさか高層ビルからガラスの板が落ちてくると誰が想像するであろうか。ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中、タイムズスクエアから驚きのニュースが飛びこんできた。

非常に高いところからガラスのパネルが落ち、耳をつんざくような大きな音を立てて砕け散る…そんな恐ろしいアクシデントが発生したのは、マンハッタンのタイムズスクエアで現地時間の3日午後4時41分のこと。現場は西41stストリートにある4つ星ホテル『ヒルトン・タイムズスクエア(Hilton Times Square)』の正面玄関のほぼ目の前で、8thアベニューに近いところ。ガラスのパネルは44階建てのそのビル(ヒルトン・ホテルは23〜44階)の15階部分から落下したものと判明している。

ニューヨーク市消防局の情報をもとに『DNAinfo New York』が伝えたところによれば、パネルは駐車中であった2台の車を直撃し、それぞれにフロントガラスとリアウィンドウが粉々に砕けてしまったもよう。タクシーの運転手であるマニー・モロチョさん(54)は、「後部座席にお客さんを乗せて走っていたらボディに強い衝撃を受け、リアウィンドウが音を立てて破裂しました。それでも怪我人が出なかったことは不幸中の幸い。神に感謝します」と語っている。

4日が「独立記念日」のためニューヨークも完全に祝日モードであり、当時そのあたりの通行人はまばらであった。ほかの日であったら多くの負傷者を出したに違いないという。なぜ名門ホテルでそのようなことが起きたのか詳しい事故調査が進められている。

画像は『DNAinfo New York 2017年7月3日付「Glass Falls 15 Stories From Times Square Hilton, FDNY Says」(DNAinfo/Katherine Lavacca)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)