三池崇史監督と山崎賢人

写真拡大

山崎賢人主演で実写映画化される『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のワールドプレミアが、現地時間7月2日に第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭で行われ、これが海外映画祭初参加となる山崎と、熱狂的なファンが多い三池崇史監督が登壇した。

[動画]山崎賢人、サッカークラブで10番背負っていた腕前披露/『ジョジョの奇妙な冒険』ジョジョリーゼント部キックオフイベント

スイスのヌーシャテルで6月30日から7月8日まで開催されている同映画祭は、ヨーロッパを代表する映画祭。本作はこの映画祭のインターナショナル・コンペティション部門に選出されており、7月8日に結果が発表される。

上映前に現地ファンの前に登壇した山崎と三池監督は、観客から大歓声で迎えられた。三池監督は「今朝、ホテルで目が覚めて、窓の外を見ると人が誰もいなくて、夜、お客さんが来てくれるか不安でしたが、こうして多くのお客さんに来ていただけてホッとしています」と心境を語ると、「日本でもお客さんの前では披露しておらず、世界で初めてみなさんに完成した作品を見ていただくので、楽しんでもらえることを心から祈っています」と話した。

山崎は三池監督から「ジョジョ」と紹介され、盛大な拍手を受けると、これに手を振って応え「こんばんは山崎賢人です。『ジョジョの奇妙な冒険』を見てもらえることにとても興奮しています。ヌーシャテルのみなさんを愛しています」と流暢なフランス語で挨拶し、再びファンから盛大な拍手を受けていた。

その後、現地ファンとともに本作を鑑賞した山崎と三池監督。上映が終わると、自然と拍手が巻き起こり「トレビアン!」の声が、そのままスタンディングオベーションに。その様子に、山崎と三池監督ががっちりと握手。

また、熱気が冷めやらぬまま行われた上映後のQ&Aでは、現地ファンから撮影で一番大変だったことについて聞かれ、山崎は「スタンドを出す、スタンドで戦うこと」と回答。これを受け三池監督は「CGIの予算に限りがあったので、彼には自力でスタンドを出してもらいました」と冗談を交えて答え、さらに、初めて観客に披露した今の心境を聞かれた三池監督は「よく漫画のことを知っている人がいて、それぞれリアクションが違って非常に楽しかったです。でも、見終わってみなさんの笑顔を見て本当に助かりますし、救いになります」と、上映後の観客の反応に満足している様子だった。

一方、山崎は、映画化前に原作を読んでいたかという質問に「正直言いますと、ジョジョは出演が決まるまでは読んでいなかったのですが、(出演が決定してから)読んで大ファンになりました!」と答え、客席から大きな歓声が上がった。続いて、仗助というキャラクターについて聞かれると、「仗助に対してはすごく憧れる部分がありますね。自分自身がなかなかできないようなことをやってくれるので、かっこいいキャラクターだなと思います」と自身が演じたキャラクターへの思いを口にしていた。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国公開となる。