グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにランボルギーニ・チェンテナリオ・クーペ登場


世界で20台限定生産の「ランボルギーニ・チェンテナリオ・クーペ」が、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード 2017 のスーパーカークラスに登場し、ヒルクライムでデビューを飾った。


チェンテナリオは、ランボルギーニの創始者であるフェルッチョ・ランボルギーニ生誕100年を記念して 2016 年に発表された。0-100km/h 加速は2.8 秒、最高速度 350 km、770 馬力 V12 エンジンを搭載し、販売価格は175万ユーロ。チェンテナリオ・クーペは、同じく20台限定生産のロードスターと共に全て売約済み。


V10 エンジンの「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」もイギリスで初披露した。「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」は、2017年初めに発売が開始され、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェ(北コース)でラップタイム 6 分 52 秒 01 という市販車で史上最速を記録。


この記録達成時のドライバーであるマルコ・マペリは、グッドウッドでもドライバーを務めた。


このたび、ランボルギーニ・チェントロ・ スティーレとランボルギーニのアド・ペルソナムのパーソナライゼーション・プログラムによって、1台だけの特別デザインをアヴェンタドールSへ施した。エクステリア、インテリアのカラーからトリムに至るまで、ほぼ全てアド・ペルソナムによってカスタマイズされ、アイコニックなスーパーカーのスポーティさが一段と強調 されています。なお、このアヴェンタドールSは「Ristorante 1963」隣のランボルギーニ・スタ ンドに展示された。


特別生産されたアヴェンタドールSは、エクステリアカラーがマット仕上げのGrigio Acheso、フロントバンパーからリアディフューザーまでのマット仕上げのオレンジ (orange livery)のアクセントが車のラインを際立たせている。エクステリア全体は カーボンファイバー・パッケージを装着し、ルーフ部はヴィジブルカーボンファイバーになっている。


ホイールは、Dianthusのグロスブラック、ブレーキキャリパーはオレンジ、マフラーはマットブラック。ブラック(Nero Ade)のアルカンターラが採用されたインテリアは、 オレンジ(Arancio Leonisz)のステッチがハンドルとシートインサートに施され、エクステリア カラーとの統一感がみられる。特別な車の象徴として「Opera Unica」のプレートが装着されている。

【ギャラリー】Lamborghini Goodwood Festival of Speed 201729

■ランボルギーニ 公式サイト
https://www.lamborghini.com/jp-en/