中国遼寧省瀋陽市が、地元の旅行会社に対し、中国人の韓国旅行のための個別ビザ申請の代行を禁止したと韓国メディアが報じたことについて、北京の韓国大使館関係者は「そのような情報はこれまでのところ聞いていない」と回答した。写真はソウルの繁華街・明洞。

写真拡大

2017年7月5日、中国紙・環球時報によると、中国東北部、遼寧省の省都の瀋陽市が、地元の旅行会社に対し、中国人の韓国旅行のための個別ビザ申請の代行を禁止したと韓国メディアが報じたことについて、北京の韓国大使館関係者は同紙の取材に対し「そのような情報はこれまでのところ聞いていない。事実確認を続ける」と回答した。

韓国・聯合ニュースが4日、瀋陽の韓国人社会からの情報として伝えたもので、聯合ニュースは「中国当局が高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備への報復として、今年3月から旅行代理店を通じた韓国への団体観光を禁止したのに続き、初めて韓国個別ビザを禁止させた事例が現れた」としている。

環球時報によると、韓国大使館関係者は「中国人の韓国訪問は、中国にある韓国の大使館で個別ビザ申請が可能だ」としている。(翻訳・編集/柳川)