ガラタサライに所属するヴェスレイ・スナイデル【写真:Getty Images】

写真拡大

 ガラタサライに所属する33歳のオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが、メジャーリーグサッカー(MLS)に2018シーズンから新規参入するロサンゼルスFCに移籍する可能性が出てきた。4日にイタリアメディア『サンプニュース24』が報じている。

 同メディアによると、ロサンゼルスFCから2年契約と年俸300万ドル〜350万ドルのオファーを受けており、これをスナイデルが受け入れる可能性があるという。その場合は、今年12月までガラタサライでプレーを続け、2018年からロサンゼルスFCでプレーすることになるようだ。

 同選手に関してはロサンゼルス・ギャラクシーやモントリオール・インパクトも興味を示しているという。いずれにしても、ディディエ・ドログバやアンドレア・ピルロなどに続き、新天地としてアメリカを選択する可能性はありそうだ。

text by 編集部