【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の李徳行(イ・ドクヘン)報道官は5日の定例会見で、「北の挑発に強い圧力と制裁を加えながらも、対話の扉は開くという従来の構想に大きな変化はない」と述べた。また、「平和な朝鮮半島をつくるには、北の核問題を平和的に解決すると同時に、南北関係も発展的(な方向)に持っていくことが必要だ」と説明した。

 統一部は北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を実施した4日も、韓国の民間団体が申請した北朝鮮との接触を新たに1件承認した。
 李氏は民間団体の対北朝鮮接触の許可について「今後は公開しない考えだ」と述べた。これまでは南北関係の変化を伝えるために状況を知らせていたという。
 これに関し統一部の当局者は、承認件数は今後も明らかにするが、団体名は公にしないという意味だとした。
 新政権発足後、承認件数は50件に上る。
mgk1202@yna.co.kr