国防委員会で発言する韓民求長官=5日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は5日、在韓米軍に配備された米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、北朝鮮の中短距離ミサイルに対応する最善の防衛用兵器だとの認識を示した。国会国防委員会での懸案報告で述べた。

 韓氏は、THAADが北朝鮮の短距離・準中距離ミサイルに対する迎撃能力を備えていると説明した。
 一方、THAADが大陸間弾道ミサイル(ICBM)を防ぐことはできないのではないかとの質問には「そうだ」と答えた。
hjc@yna.co.kr