愛車が〇〇禁止の男はモラハラ予備軍?ドライブデートでわかる彼の本性

写真拡大

ドライブデート、ひょんなことからの送迎。好きな人の車に乗ったとき、目にしたインテリアが気になったことってありませんか?

普段のイメージと違う…なんてギャップを感じたことがある人もいるかもしれませんね。

今回は、車のインテリアから得る男性のイメージについてアンケートを取ってみました。
あなたのお目当ての彼は当てはまるでしょうか?恋人関係に発展する前なら、性格や行動分析の役に立つかも!

■バックミラーにジャラジャラ系


フロントガラスの中心部が、バックミラーからぶら下がるアクセサリー類で隠れてしまっている!
危険なジャラジャラインテリアについて物申すコメントをご紹介します。

「安全第一。インテリア優位で大事なことをおろそかにしているように見えると、実は大雑把な人かなと感じる。運転するとき、どう考えても見にくいでしょう。合理的じゃないよね」(30代女性・販売・独身)

ちょっと前に流行していたのは、ドリームキャッチャーでしょうか。
なんとなくですが、バニラやココナッツの芳香剤のイメージがあります。少しやんちゃなタイプの人の車には、ほぼぶら下がっていた記憶。派手につけて、ぶらぶらさせている人もいました。

確かに、見た目重視の性格なのかなと捉えられますね。

■愛車の土禁で優先順位が見える?


「僕の愛車に乗るときは靴を脱いでください。土足禁止です」。
小さなお子さんがいる場合、車内の泥汚れ防止に土足禁止を徹底するという家庭は案外多いのかなと思うのですが、大人同士の場合は少数派でしょう。

個人的にはここ数年、いや十年単位で遭遇していない気がします。
でも、愛車を大事にする彼氏を持つ友人いわく、交際前から現在まで土足禁止が続いているそうです。

「車に乗るときは靴を脱いでって初めて言われたとき、大事にしてるのはわかるけど、車にいくらかけてるんだろうって思った。今も生活する中での優先順位の違いを感じる。
大人が普通に乗り降りするならそう汚さないと思うし、気をつけてるよ。車内だけじゃなく洗車にもお金かかるし、結婚したらもっと面倒なのかな」(20代女性・飲食・独身)

こだわりのあまり、パートナーへ強制してしまっているようですね。

汚されたくない、大切にしたい気持ちもわかりますが、上司を送らなければならないときなど、妥協しなければならないシーンではどうしているのでしょうか。

強制することが多いようだと、モラハラ予備軍も疑いたくなります…。

彼女よりも車にお金をかけている彼氏だそうで、生活費の割合にどれだけ車の維持費がかかるか明確になるまで、同居には応じないとのこと。二兎を追うものは一兎を得ずということ?

■整理整頓してない雑然とした車内


クレーンゲームで取ったようなぬいぐるみが窮屈に並べられているのは、インテリアと呼べるのでしょうか。それも、日焼けをしてくたびれた姿になっていたら…。

キャラものが好きなかわいい性格なんだなぁと思いきや、日焼け・変色・ほこりまみれで手入れした様子がない。
そんな車でのデートってどんな気分ですか?

個人的には浪費グセがあるのかな、飽きっぽいのかなという気がします。大事にしている感じがあるなら好印象ですが、とりあえず並べて放置しているのだと、家の中もだらしないのかなと思うのです。

また、いつの飲み残しかわからない空き缶が置かれたままのドリンクホルダや、食べかすだらけの車内も同様です。きっとお家の中もゴミ屋敷でしょうね。

■車の扱い=女性の扱い!?


他にも「内外をいじった改造車に乗っていると、過去や交友関係を勘ぐってしまう」など、車から推測するイメージについてのコメントがありました。

持ち物の見た目で人を判断してはいけないのですが、車のインテリアはお金をかけているかがパッと見でわかるから、これが本質かなという判断材料にしやすいですよね。

車は高級品です。簡単に手放したりできるものではないので、手入れの仕方や扱い方には、女性への接し方に通じるものがあると思います。
気になる彼の愛車のインテリア、どんな感じかぜひチェックしてみてください。

ライタープロフィール


saki
たまに毒舌なコラムニスト。一度ハマるとどっぷり浸かるB型アラサー。アロマとコーヒーと舞浜の某レジャースポットをこよなく愛しています。