チェルシー移籍が近づくアントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】

写真拡大

 ローマに所属する24歳のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、チェルシー移籍に向けてメディカルチェックを受ける見通しとなった。4日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 ドイツ代表としてコンフェデレーションカップ2017に出場したリュディガーはチームの初優勝に貢献。大会後にロンドンに渡ってメディカルチェックを受ける提案を受けていたが、同選手はアメリカで休暇を取ることを選んだ。

 同メディアによると、アメリカのロサンゼルスにはチェルシーに関連する施設があり、そこでメディカルチェックを受ける予定のようだ。マンチェスター・シティからも関心を示されていたが、現時点でリュディガーはチェルシー移籍に近づいている。水曜日か木曜日に正式発表される見通しだという。

text by 編集部