剛(中川家)

写真拡大

3日深夜放送の「チェンジ3」(テレビ朝日系)で、中川家・剛がネタ作りの方法を明かし、若手芸人たちを驚愕させた。

番組では、「目指せ!賞レースチャンピオン 兄さんにネタを見てもらおう」と題し、「M-1グランプリ」初代王者の中川家に、若手芸人たちがテレビ初公開のネタを披露する企画を放送した。

審査前、大西洋平アナウンサーが中川家にネタ作りについて尋ねた。すると、ネタ作り担当の剛は、コンビの漫才について「台本ってないんですよ」と明かしたのだ。さらに、一度作ったネタを忘れてしまった場合、もう披露することはないのだとか。

理由について、剛はシンプルに「忘れてしまうってことは面白くないってことだから」とコメント。これを知ると若手芸人たちは、ただ驚きの声を上げていた。

【関連記事】
中川家・礼二の知られざる一面が明らかに「劇場で急に変なスイッチが入る」
中川家の役割分担に加藤浩次が驚愕「お兄ちゃんがネタ書いてるの?」
中川家の収入格差が明らかに 弟・礼二の収入が「ちょっと多い」