マラドーナにセクハラ疑惑、ロシアの女性記者と何があった?

写真拡大

『Mirror』は4日、「ディエゴ・マラドーナ氏の関係者は、ロシアの女性記者からの訴えを否定した」と報じた。

先日、30歳のロシア人記者エカテリーナ・ナドルスカヤがマラドーナ氏からのセクハラ行為を訴えた。

エカテリーナ・ナドルスカヤ

「私はインタビューのために彼を訪ねた。彼は私を部屋へと招待した。

マラドーナは扉を閉めて質問に答え始めてから、私を辱めてきた。

ドレスを脱ぐことを強要し、下着姿になれば嫌がらせを止めると言った。しかし、服を脱いでも止めることはなかった。

私は怖かった。脅迫された。だから私は警察に連絡した。

するとマラドーナはホテルのセキュリティに電話をかけた。私は下着姿のままで3人の男に廊下へと運ばれた。

しかし、私の持ち物は部屋の中に残っていた。携帯電話や衣服は取り上げられ、3時間後まで返されなかった。

そして、マラドーナの助手がやってきて、500ドル(およそ5万6000円)を私に投げて寄越した。

マラドーナがやったことは残念だ。それは男にふさわしくない。彼の行為は監視カメラで見ることが出来る」

ホテルの従業員は彼女を追いだそうとしたものの、エカテリーナはそれを拒否して警察に連絡したとのこと。

午前8時に警官が到着するとようやくドレスが帰ってきたが、誰からも謝罪はなかったという。

しかし、マラドーナの関係者はこのエカテリーナ・ナドルスカヤの証言は嘘で、自分から服を脱いだのだと主張したという。

関係者

「彼女は部屋に入ってきたところで服を脱ぎ始めた。マラドーナはそれを好まず、彼女に出て行くよう要求した」

なお、すでにこの事件の調査はスタートしており、マラドーナとホテル関係者の尋問も行われたという。

マラドーナ氏は先日終了したコンフェデレーションズカップのゲストとしてロシアを訪れていた。